お知らせ

平成28年07月14日
お知らせ熊撃退催涙スプレーの廃棄方法について

熊撃退催涙スプレー 熊撃退催涙スプレー

熊撃退催涙スプレーを廃棄する場合は、中身を使い切ってから廃棄してください。
中身を残したまま廃棄されますと、ごみ収集運搬中や当センターでの処理作業中にスプレー缶の中身が飛散し、異臭や刺激臭が発生する恐れがあります。
催涙スプレーをごみに出される場合は、必ず中身を使い切ってから「カン」として廃棄していただくようお願いいたします。

  • 持ち込みごみについて

ページの先頭へ