よくある質問

この施設は、いつできましたか?
当施設は、1市3町の共同にて建設し、管理運営を行っていくことで平成10年に基本合意し、平成12年に「猪名川上流広域ごみ処理施設組合」を設立、平成17年に土地造成工事及びごみ処理施設建設工事に着手、平成21年3月に竣工、同年4月から本格稼働を開始しております。

ページの先頭へ

1日に集まるごみの量はどれぐらいですか?
平成29年度実績で、一日あたりのごみ搬入量は、159.43トンです。このうち、可燃ごみが137.13トンと、ごみ搬入量全体のうち86パーセントを占めています。

ページの先頭へ

焼却炉内でごみが燃えている温度は?
約850度から1000度です。高温で24時間連続して燃やすことで、ダイオキシンの発生を抑制しています。

ページの先頭へ

焼却ごみをためる「ごみピット」の大きさはどれぐらいですか?
幅31.6m、奥行き16.2m、深さ13.2mで、約6,800立方メートルあります。学校の25mプール21杯分の容積があります。

ページの先頭へ

ごみを燃やして発電した年間の売電料はどれくらいですか?
当施設には、定格出力5,000キロワットの発電機が設置されており、ごみを燃やした際の熱エネルギーにより発電しています。平成29年度実績で、年間発電量は約2,217万キロワットあり、そのうち売電量が約814万キロワットで約36%を占めています。

ページの先頭へ