お知らせ

令和4年12月09日
お知らせ施設改修工事及び灰溶融炉の廃止について

広報紙「森の泉」Vol.95(令和4年11月25日号)にて、施設の改修工事及び灰溶融炉についての記事を掲載しております。

-----広報紙全文------

「施設改修工事及び灰溶融炉の廃止について」
国崎クリーンセンターでは、令和8年度から令和10年度にかけて施設の改修工事を予定しています。
当施設は平成21年3月の竣工から14年目を迎え、施設の老朽化が進んでいることから、安定運営や延命化などを目的とした工事を計画しています。
また、世界的にも温室効果ガスの削減と地球温暖化防止が求められていることから、当施設において最も温室効果ガスを排出している灰溶融炉を、施設改修工事に併せて廃止する予定です。
周辺住民の皆さまには工事に伴う影響を与えることなく、引き続き安全で安定的な施設を稼働させていきます。

【灰溶融炉とは】
焼却灰と焼却飛灰を高温で溶かす設備のこと。

  • 持ち込みごみについて

ページの先頭へ